美肌に導く気になる成分

美白成分の種類と1番効くのはハイドロキノン!

美白化粧品を選ぶ際、美白成分に
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・コウジ酸
・トラネキサム酸
・ハイドロキノン

 

この5つが市販で良く見かけるものではないでしょうか。
いったいどれを選んでよいのか迷いますよね。

決して安くはない美白成分!
正しい知識を持ち、より効果的で自分に合ったアイテムを選びたいものです。

結論から申しあげますと、確実にシミを薄くして消していくのはハイドロキノンです。

でも、気になるのは安全性。効き目の強いものは、ステロイドのように副作用も多いのではと心配になります。

これから、5つの美白成分についてご紹介します。

これを読んであなたにぴったりの美白化粧品が見つかれば幸いです。

1.美白に効果的な成分

化粧品に配合される美白成分は数多く存在しますが、その中でも肌への効果をしっかり感じられるのは美白有効成分」です。

美白有効成分とは?

美白有効成分とは、「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果」を厚生労働省が認めている成分です。
製造会社が勝手に表示できるものではないのです。

シミやくすみのそもそもの原因は、この「メラニン」という物質が肌内部で生成・蓄積されること。

2. シミができるメカニズム

肌が紫外線やストレスなどで刺激を受けると、肌内部の「メラノサイト」という細胞が活性化します。

上図のように活性化したメラノサイトはメラニンにグングン働きかけ、肌の表面に褐色の「シミ」として表面化するわけです。

美白化粧品と言うのはこのメラノサイト、メラニンの生成を抑制することで、肌を白く導きます。

3.5つの美白成分、どんな働きをするのか

では、先ほどお伝えした5つの美白成分が、憎きシミをどのように退治していくのか1つずつ見てみましょう。
各、成分を含有する代表的な商品をリンクしてますので、そちらに詳しい説明がありますので、ぜひご一読ください。

・ビタミンC誘導体

「ビタミンC誘導体」は、美白成分として、最もよく知られているのではないでしょうか。
・メラニンの発生を抑制(シミができるのを予防する)」
・メラニンの還元・排出(今あるシミを薄くする)
といった効果があり、予防と改善の両面から働きかけてくれるのが特徴。
ビタミンC誘導体にもいくつか種類があり、全成分表示では「~アスコルビル」などと記載されています。

美白効果以外にも皮脂抑制作用・エイジングケアにも効果があります。

 

ビタミンC誘導体の成分表示例

・リン酸アスコルビルMg
・アスコルビン酸
・アスコルビン酸グルコシド など

 

・アルブチン

「アルブチン」は、コケモモなどの植物にも存在する成分です。
メラニンの生成に関わるメラノサイトの働きを抑制し、シミ・そばかすを予防します。

 

 

アルブチンの成表示例

・アルブチン(β-アルブチン)
・α-アルブチン など

 

・トラネキサム酸

「トラネキサム酸」には、メラニンの生成を抑制してシミ・そばかすを予防する効果があります。

そして、サプリメントでも有名ですが改善が難しいと言われる「肝斑」にも効果があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第1類医薬品】トランシーノII 240錠
価格:5876円(税込、送料無料) (2019/10/18時点)

楽天で購入

 

 

ちなみに、このトランシーノ。8週間飲んでも、全く効果がないようでしたら、そのシミは肝斑でない可能性があります。肝斑である場合は、本当に良く効きます!

肝斑とは
肝斑の大きな特徴は、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れることです。特にほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がります。額や口の周辺にもできることがあります。目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもあります。
肝斑は、妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけにできることもあり、女性ホルモンとのかかわりが指摘されています。また、精神的なストレスによってホルモンバランスがくずれることが影響する場合もある他、過度のマッサージ等、物理的な刺激でも悪化する場合も。
第一三共ヘルスケア

トラネキサム酸の成分表示例

・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸
・t-AMCHA など

「抗炎症成分」としても知られており、ニキビ向けの医薬部外品に配合されることもあります。

 

 

・コウジ酸

「コウジ酸」はその名の通り麹(こうじ)から発見された成分で、とくにシミ予防・くすみのケアに効果的な美白有効成分です。

メラニンを生成するチロシナーゼに働きかけることで、美白効果を発揮します。

酒造りをおこなう杜氏(とうじ)の手がみなさん、とても白く美しい事から美白成分が発見されたお話しは有名です。

 

 

・ハイドロキノン

美白効果が一番高い成分は今のところハイドロキノンと言われています。

ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも呼ばれるほど強力な美白成分。

美白有効成分ではないものの、他の美白成分の10~100倍もの美白効果があると言われています。

ただし高い美白効果を持つ反面、

・肌への刺激が強い・酸化しやすい

といった特徴があり皮膚科で処方してもらう人も多いです。

しかしながら、美容皮膚科はとても混んで待たされます。
しかも、診察料、処方箋代、調剤料などの合計すると結構な額になります。
完全に美容目的であれば保険が適用になりません。

そこでおススメなのが「アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110 」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110 11g
価格:8841円(税込、送料別) (2019/10/18時点)

楽天で購入

 

 

・メーカーが定めた使用方法・使用量を守る
・まずはトライアルセットから試してみる

など、安全で効果を感じる使い方をこころがけましょう。

ハイドロキノンについてはこちらのサイトへどうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ